自信が持てません。

坂さんの質問

 

社会人でテニスをやっています。練習ではスムーズな動きができるのですが、自信がないのか本番になると腕が縮こまったりして思うようなプレーができません。自信をつけようと思って練習をたくさんしてもいざ本番になると今までの練習が無意味かのように自信がなくなります。自信をつけるための方法を教えください。

 

 

回答

 

練習ではできるのに本番になると思うようなプレーができないことから、自分には自信が足りないのではないかと悩まれているのではないでしょうか。自信をつけるために練習もたくさんされたとのことでしたが、その練習も本番では無意味に思えてしまったとのことで、ショックも大きかったように思います。坂さんは練習ではスムーズな動きができるとのことなので、もしかすると、練習中は自分自身に集中できているのかもしれません。

 

練習と試合の一つの違いとして、試合には結果というものがあり、その結果に意識が向くことで自分自身に集中できなくなることもあります。例えば、競技をする上で「勝ちたい」という思いは誰しもが持っていると思いますが、結果にこだわるあまりに「絶対に勝たなくちゃいけない」という思いになるとどうなるでしょうか?一見、気持ちが強い感じはしますが勝ちたい気持ちも極端になると、負けを受け容れることができなってしまいます。負けを受け容れることができないと負けに対する恐怖・不安も大きくなるので、おもいきったプレーがしづらくなってしまいます。

 

また、試合になると自分以外の人間に意識が向いていることも考えられます。自分以外の人間とは対戦相手・監督・チームメイト・家族などです。周りへの意識が強まると自分のやるべきことよりも「負けたくない」「かっこ悪いところは見せられない」「強い選手と思われたい」などといった感情に意識が向きやすくなり、結果、主観的になり冷静さを失う、無意識に力が入るなどといったことが起こりやすくなります。まずは練習と試合でどのように意識が変わっているのか、意識はなにに向いているのかを改めて確認してみてはいかがでしょうか。

 

自信はこれまでに積み重ねてきた経験から生まれるものです。結果が自信につながることもありますが、結果=自信ということではありません。結果はどうあれ自分がその時々にやりたいことを行う、常に自分の意思を反映させて物事を選択することで、その経験が自分だけのオリジナルの学びとなり自信になるのではないでしょうか。誰しも失敗はしたくないですし、かっこ悪い思いもしたくないとは思うのですが、自信をつけるためには挑戦も必要です。そして、その挑戦をするためには失敗を受け容れることも大切です。

 

自信とは緊張や不安がなくなることではありません。また、自信という言葉にこだわりすぎずに、時には開き直ることも大切かと思います。少しずつで良いので受け容れるものを増やしていき、自分の気持ちを軸において様々なことに挑戦してみてはいかがでしょうか。