プロの真似をしてもよくなりません。

スプレーさんの質問

 

イップスで悩んでいてコーチにプロ野球選手の真似をしなさいと言われるので真似をしていますが、おかしくなる一方です。試合に出てもボールが自分のところへ飛んでくると頭が真っ白になりエラーを連発します。どうしたらよくなりますか?また、参考にしたらいい選手などはいますか?

 

 

回答

 

イップスに悩まれているとのことで、コーチに相談をしたり、プロ野球選手を参考に練習をしたりと、できることを一生懸命に取り組んでおられるのではないかと感じます。今回このようにメールを送られたのも、その取り組みの一つなのではないでしょうか。スプレーさんのひたむきな姿勢が感じられます。

 

スプレーさんの現状としてはコーチのアドバイスもあり、プロ野球選手の真似をすることでイップスを克服しようと考えられているのではないでしょうか?

 

形(フォーム)は目に見えるものであり変化がわかりやすいため、形(フォーム)から技術の向上を図ろうとすることは多いように思います。実際に形から入って技術の向上につながることもありますので、それが悪いということではありませんが、人によって体の使い方や感覚は当然のことながら違い、その人にしかできない体の使い方や感覚というものがあります。そして、この目には見えない感覚というものがイップスの克服においても大切になります。

 

メールには「おかしくなる一方です。」ともありましたので、もしかするとスプレーさんが参考にしているプロ野球選手の形(フォーム)は感覚的にもスプレーさんに合っていないのかもしれません。また「参考にしたらいい選手などはいますか?」という質問についても、こういった理由からお答えすることはできません。投げ方に正解はなく、きれいな投げ方というものも個人の視覚による主観的なものであり、あってないようなものです。

 

形の問題はともかく、試合で頭が真っ白になるとのことですので、まずは試合で頭が真っ白にならないように、ミスとの向き合い方や試合との向き合い方といったメンタル的な部分から改善に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

そのためにはまず、ご自身がどういった性格で、考え方にどのような癖があるのかといったことを知ることが大切です。そしてご自身への理解が深まると結果的にどうしたらよいのかという改善策もみえてきます。

 

メンタル面が改善されることで試合でも自分の感覚ややりたいことに集中することができるようになるかもしれません。また気持ちに余裕ができることで新しい気づきが生まれるということも考えられます。目に見えることだけではなく、目には見えない部分からアプローチしてみるのも良いのではないかと思います。その一つの方法としてまずは自己分析やメンタルの勉強といったことからはじめてみてはいかがでしょうか。